周辺観光 2017-06-11T17:41:38+00:00

周辺観光

天満橋グランドホテル大阪周辺

tourismaround_02_01

天神橋筋商店街 ホテルから徒歩5分

天神橋を起点として、北は天神橋筋七丁目まで伸びる、全長約2.6キロの商店街。長さは日本一といわれ、歩くのには約40分かかる。入口上部には、お迎え人形が飾られており、アーケードへ一歩踏み入れると、昔ながらの大衆食堂、惣菜屋、代々刀鍛冶の刃物屋、明治元年創業のお茶屋、豆腐、コロッケ、陶器に着物……と、およそ600店舗が連なっている。毎年7月24・25日の「天神祭」には、地元の神輿などがここを練り歩き、露店や見世物などで活気が溢れる。

tourismaround_02_04

造幣博物館

造幣博物館と聞くとなんだかお固いイメージがあると思うのですが、こちらのメインは貨幣ではなく、桜なんです。毎年春になると綺麗な桜の通り道ができます。訪れるのであれば毎違いなく春が一番適した季節です。

tourismaround_02_05

アクアライナー(八軒家浜船着場)

「大阪城・中之島めぐり」として、四季折々の風情ある大阪・大川を周遊。 水面から、大阪散策がお楽しみいただけます。

大阪天満宮

学問の神様として知られている大阪天満宮。受験生の頃に合格祈願をしに行った人も多いかもしれませんね。地元では「てんまのてんじんさん」の名で親しまれています。

心斎橋グランドホテル大阪周辺

tourismaround_01_01

道頓堀

道頓堀といえば、ひときわ目立つ巨大な看板。来たことはなくても、テレビや雑誌で見たことのある方は多いと思います。
道頓堀川をのぞき込むように立つ、大きく手を広げる『グリコ』の看板。2014年秋、6代目としてLED映像でリニューアルしました。その他にもかに、いか、たこ、牛までも・・・、立体造形の巨大看板は道頓堀のエネルギッシュなパワーを象徴しています。
さらに・・・、「チン・ドン」と鐘と太鼓をならす「くいだおれ太郎」は、みんなが一緒に記念撮影をしたくなる人気者。「二度付けあかん」と唸る串カツ店のオヤジなど、喜怒哀楽さまざまな表情で皆さんを迎えてくれます。道頓堀はまるで人形のテーマパークのようです。ぜひ、カメラを持って遊びに来てください。

tourismaround_01_02

心斎橋商店街・戎橋商店街

江戸時代からの歴史をもつ、全長1キロメートルに及ぶ、ミナミを南北に貫くショッピングの「花道」です。ミナミに来たら、ぜひ髙島屋から大丸まで歩いてみてください。途中の戎橋では、グリコの看板前で記念撮影を。戎橋の北側が心斎橋筋で、洗練されたファッションを楽しむ女性に愛される、品格ある商店街。戎橋より南側が戎橋筋で、こちらは自由で元気な大阪の女性が手頃に買い物を楽しめる、親しみやすい商店街。

tourismaround_01_04

黒門市場

店頭に並ぶ鮮魚に圧倒されます。ミナミの飲食店が台所がわりにしているので、一般の市場ではみられない多種多様な、珍しい食材にお目にかかることも。市場散策にいきましょう。食べ歩きの定番といえばコロッケや煎餅などですよね。黒門市場ではそれらはもちろんのこと、なんとお刺身やてっちりなども食べ歩きできちゃうんです!こんな経験は中々できないということで、日本人の観光客以上に外国からの観光客が今は多いそうです。国際的な市場となってきているんですね。

tourismaround_01_03

千日前道具屋筋

南海通りの角を曲がって吉本興業の本丸・なんばグランド花月と上方芸能の殿堂・ワッハ上方の間の道を進むと千日前道具屋筋商店街に。大きな「道」の看板を掲げるアーケード街には、飲食店のプロ用品を取り扱う専門店が並びます。厨房用品、什器、のれんや看板、衣装、メニューサンプルのお店が分業しており、一般への小売もしているのでぜひお立ち寄りください。

tourismaround_01_05

なんばパークス

大阪の中心地・なんばにある複合型商業施設であるなんばパークス。
なんぱパークス内には、ショッピングストアからレストラン、カフェに映画館やジムなどが入っており、ショッピングもグルメもエンターテインメントもすべてここでできちゃいます。

tourismaround_02_02

大阪城天守閣

大阪を代表する観光名所。豊臣秀吉が天下統一の拠点として築城した城。

大阪周辺

tourismaround_03_01

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン

東のディズニー、西のユニバ!大阪きってのアミューズメントパークといえばもちろん「ユニバーサルスタジオジャパン」ですよね。最近は新エリア「ザ・ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」ができたことでさらに大賑わい!

tourismaround_03_02

海遊館

大阪天保山にある世界最大級の水族館「海遊館」。620種、30000点の海の生き物たちが、実物でしか味わえない命の感動とエンターテイメントをお届けするとともに、生命のすばらしさや尊さ、不思議さをも教えてくれます。入館料は大人2300円、子ども1200円。開館時間は午前10時から午後8時までです。受付は閉館時間の1時間前まで。休館日は月によって違うのでHPを要チェック。

tourismaround_03_03

HEP FIVE(赤い観覧車)

「HEP FIVE」は地下3階、地上10階建てで、地下2階から9階までファッション・雑貨・グルメ・アミューズメントなどのショップが170店舗以上そろっている複合施設。屋上には世界初のビル一体型の観覧車が設けられており、この真っ赤な大観覧車は、梅田のランドマークになっています! 夜のライトアップも素敵!

tourismaround_03_04

空中庭園展望台

近未来的超高層ビル「梅田スカイビル」の最上階である空中庭園展望台からは大阪を一望することができます。ここからの景色は「日本の夕陽百選」にも選出されました。一度は見ておきたい景色ですね。住所:大阪府大阪市 梅田スカイビル 北区大淀中1-1-88営業時間:10:00~22:30(最終入場22:00)電話:06-6440-3855

tourismaround_03_05

あべのハルカス

地上60階建て、高さ300mで国内では東京スカイツリー、東京タワーに次いで3番目の高さを誇っています。ビルとしても横浜ランドマークタワーを抜き、日本一高いビルとなっています。展望台であるハルカス300からは、気候条件が整えば京都や六甲山、明石海峡大橋まで眺めることができます。ここから見える景色は絶対に気持ちいいに決まっていますよね!

tourismaround_03_06

通天閣

庶民の街で知られる大阪の新世界。新世界は、大阪のシンボルタワーである通天閣がそびえ立っている場所です。初代の通天閣は、創建当初の1912(明治45)年には「天に通じる高い建物」として東洋一(64m)の高さを誇っていたそう。現在の通天閣は2代目で1956(昭和31)年10月に完成しました。高さ103m、円形エレベーターを備えた近代的な作りになっています。国の有形文化財に指定されているタワーです。この通天閣のモデルって何かご存じですか?実はフランス・パリの凱旋門とエッフェル塔なんですよ。凱旋門の上にエッフェル塔が乗った状態をイメージして建てられたそうです。